忍者ブログ
NS500の時からの懸案事項だったスクリーンもようやく解決案が見つかりました。

最初はインクジェット用のOHP用紙を使ったけど、今回は100均で買った軟質カードケースを使ってみました。
材質は塩化ビニールなので厚みはあるけど、適度な柔らかさと透明度、そして切りやすさと指紋が付かないと言う事で、今のところ最適だと思います。

ただし、カットするために一手間が必要でして・・・
大判の前面粘着タイプのポストイットを紙に貼って印刷し、それを軟質カードケースに貼り直してカットします。


カットし終わった状態。
左がOHP、右が塩ビ


通常の接着には木工ボンドを使ってるけど、塩ビを貼るには専用の接着剤が必要です。
たまたま手元に有ったボンドのウルトラ多用途SUというのを使ってみました。

乾燥後もベタベタするタイプなので、はみ出さないように慎重に塗ります。
ちなみに、ノリシロは沢山あるけど実際に接着するのは中央と両端の3箇所だけです。
(理由は面倒だから・・・)
接着後、1時間以上固定したまま待ちます。

完成状態♪

アップで見るとイマイチっぽいけど、実際に見るとツヤツヤで透明度も高くて最高です。
ヽ(´▽`)/~♪

あと少し、頑張って完成させて、バリーシーンのも連休中に完成させたいな。


本日の動画は、これも作りたい♪










拍手[2回]

PR

コメント

おーぉ

2014-05-06 17:46

キターってカンジです!!ここだけ作って見たかったり(汗)

Re:おーぉ

2014-05-08 08:22

まだ、展開図は見せられるような状態じゃないけど、完成したら送りましょうか?
カウル用スタンドを作れば省スペースで雰囲気が楽しめそうですね♪
 
name:
title:
mail:
URL:
comment:
pass:
emoji:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 

鬼屋のメインメニュー

 

アクセスカウンター

 

スポンサー

 

プラグイン